ぱりぽりタトバの小言。

日々のお仕事(Webサービス開発)で感じたことを超個人的な考えのもと綴っています。

カブトムシの幼虫を飼ってみた…幼虫は不思議ちゃんですね。

こんにちは。僕です。

 

先日、家族旅行に那須まで行って来ました。

その中で那須昆虫ワールドと言うところにも入りました。

 

那須高原の観光なら家族で楽しめる那須昆虫ワールド

 

世界のクワガタが自由に触れたり、販売もしてたり、我が家の子供たちは虫が苦手じゃないので楽しめました。

そこでカブトムシの幼虫の手掴みコーナーがあって1人2匹もらえるのだけど、長男(7)長女(4)が挑戦して計4匹の幼虫をもらいました。ちゃんと育て方などの説明はしてもらえます。

 

帰宅して虫かごへ移動です。

我が家には、クレーンゲームで世界のクワガタやカブトムシを獲得した時にもらえた20cm×10cmほどの虫かごが2個あったので2匹ずつ移動して飼育開始です。

土が足りなそうだったので、成虫を飼育してたときに使ってたマットを足しました。

たぶん、ちゃんとした幼虫を飼育する用の土は買った方が良いと思います。

 

今のところは、その程度のことしかしてないです。

 

ただ幼虫って不思議ちゃんなんですよね。

ちょいちょい土の上に出てきてるんです。「あれ?弱ってる?」とツンツン触って確認するとちゃんと動いて土に潜っていきます。

あの行動って何なんですかね?ただの日向ぼっこ?

...と、言うことで調べてみました。

 

まずは良い状況か?悪い状況か?

答えは、悪い状況です。

 

ではどんな状況が予想されるかと言うと…

① 餌がない。

幼虫はマットを食べるらしいのだけど、食べれるマットがない。

またマットが幼虫の糞だらけの場合があるらしいです。パッと見て土と思うけど、糞まみれな状況だったりすので、定期的なマットの交換に交換してあげることが大切です。

② マットのガスが抜けてない。

良く分からないのですが、買ったばっかのマットはガス抜きが必要らしいです。放置してると勝手に抜けるらしい。

③ マットが乾燥しきってる。

マットには適度な水分が必要らしいです。

ただある程度は乾燥してても大丈夫らしいので「乾燥しきってない。」と言うのがポイントのようです。

④ マットが湿りきってる。

乾燥と逆で湿りきってても問題らしいです。

適度な湿気と適度な乾燥が必要なんですかね。

グロテスクな格好なのに意外にデリケートなんですね。

 

ざっと調べた感じですと、そんなところです。

 

僕もカブトムシの幼虫ははじめて買うので、4匹とも無事に成虫になれるよう頑張りたいと思います。

 

ではでは。